ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

蓮(ハス)|9月26日の誕生花・花言葉・由来

笼岛 みどり
2017年05月27日

9月26日の誕生花

9月26日の誕生花は、「#蓮(ハス) 」です。

ハス科の多年性水生植物で、花期は7月~8月です。白やピンクなどの花をつけ、水辺で咲きます。

蓮(ハス)について科・属 ハス科ハス属和名蓮(ハス)英名 Lotus, Indian lotus, Sacred lotus学名 Nelumbo nucifera原産地 インド亜大陸とその周辺開花時期 7月~
8月花名の由来

ハスはもともと、「はちす」と呼ばれていました。ハスの花床が蜂の巣のように見えることに由来するともいわれます。その後、はちすが「はす」に変化していったといわれます。

蓮(ハス)の花言葉と由来

蓮(ハス)の花言葉は、「清らかな心」、「神聖」、「雄弁」、「離れゆく愛」、「休養」

ハスはきれいな水より、泥水の中の方が大きな花を咲かせることから「清らかな心」という花言葉がついたといわれます。また、早朝に花を開き、午後になると花を閉じる規則正しいリズムを持っていることから 「休養」という花言葉がつきました。

水蓮との違い

蓮(ハス)と水蓮(スイレン)は花が似ているので間違われやすい植物です。蓮と水蓮の見分けるポイントは2つあり、ひとつは花が咲く位置、もうひとつは葉の形です。水蓮は水面すぐ近くで花を咲かせるのに対し、蓮は水面から離れた高い位置で花を咲かせます。葉は、真ん丸でマットな質感なのが蓮、円形に切り込みが入って、つややかな葉のほうが水蓮です。よく蓮の葉にきらっと輝く水滴がのった写真など目にすることがありますね。

花蓮では、花の大きさで大型、普通、小型と分類され、濃いピンク系の花、白花、白にピンクが入り混じったものなど、意外にも多くの種類があることに驚かされます。咲き方は一重咲き、八重咲き、千重咲きなどがあり、蓮の園芸品種は現在約100種あると言われています。

 
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください