ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

拟石莲花属养护环境的渐变处理

木木
2017年05月21日
在自然环境中影响拟石莲生长的光照、水量、温度相对来说是稳定的,它们会随着季节的变化而改变,但这种改变是缓慢进行的,拟石莲会有足够的时间调节自身的生理机能以适应环境的改变。这种循序渐变的改变方式值得我们在人工养护环境中借鉴。



在高温强光照的夏季不少人都会采取一定的遮阳措施,气温下降秋季来临时,遮阳措施会立即撤掉迎接全日照。全日照、遮阳、全日照这个光照突变的节点对于拟石莲来说是突然的环境改变。我认为在光照情况改变较大时我们应该花一段时间让拟石莲能够更自然的适应环境的改变。

具体的措施如下:

1.在一天光照比较强烈时进行遮阳然后过渡到全天遮阳或全日照。

2. 使用不同遮阳率的遮阳网,然后过渡到最密的遮阳网或全日照。

适宜拟石莲生长的季节拟石莲的生长速度快需水量多,冬、夏季节拟石莲的生长速度慢需水量少。我们会根据拟石莲的生长特点人为的控制浇水量。水量的改变对于拟石莲来说是环境的突变,同样的的我认为我们应该缓慢的改变浇水量使拟石莲适应环境的改变而不是突然增大或减少浇水量。改变对拟石莲的水供给量主要是改变单次的浇水量或是改变两次浇水的时间间隔,改变单次的浇水量我觉得是个更好的选择,这样能更好的在高温夏季提供给根系相对稳定的土壤微环境。夏季的控水环节中我采用花盆外沿两个相对的点上浇水,或是沿着花盆的外沿浇一圈适量的水。局部的润湿根系必然一部分根系会受损,但相对少的水量能使土壤的环境相对稳定,最大程度避免拟石莲在高温、高湿环境中因为烂根而死亡。



湿度的突变往往发生在播种环节中,通常我们会使拟石莲在密闭的高湿环境中发芽,幼芽的出芽率达到一定程度时便放在自然的湿度环境中。这对于幼芽而言是环境的突变,相对合理的做法是逐渐去除密闭措施使幼芽慢慢地适应环境的改变。湿度的渐变处理在景天中不太有人注意,在生石花的播种中倒是比较常见。我认为这种渐变的处理对提高幼芽的体质有一定的作用。

在夏季许多沿海城市或是内地的火炉城市的花友会选择把拟石莲放在空调房中以渡过危险的高温气候。我认为放在空调房中反而不利于拟石莲的成长,至少在提高抗逆性方面是不利的。另外,空调房是一个密闭的相对低温、干燥、荫蔽的环境,室外的拟石莲移入空调房又随后移出空调房适应半露天、全露天的环境对拟石莲来说是一个环境的突变,而由于条件的限制我们又难以使这个突变过程变为一个较慢的改变过程。很可能在这个突变的过程中拟石莲会为此埋下较大的隐患。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください