ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

苗木追肥五要点

樊问
2017年05月03日
苗木育苗形式多样,有露地育苗、容器育苗等等。在苗木生长不同阶段,应及时供给其需要的不同营养元素,培育合格的壮苗。要做到苗木合理追肥,应注意掌握以下5个要点。

#肥料种类。 苗木追肥一般采用速效肥,如草木灰、硫酸铵、尿素、氯化铵、过磷酸钙、氯化钾等。这些化肥必须完全粉碎,不宜成块施用。另外,还可追施有机肥料,如人畜粪水、堆肥等,但要充分发酵、腐热、切忌用生粪,并遵循“少量多次、适时适量”的原则。氮肥在土壤中移动性较强,所以浅施即可渗透到根系分布层内,被苗木吸收;钾肥的移动性较差,磷肥的移动性更差,因此宜深施至根系分布密集处。

#天气施肥。 根据天气状况决定施肥次数和施肥量。温度低,苗木吸收肥量少;温度高,根系生长旺盛,吸肥量多。故施肥最好选择天气晴朗,土壤干燥时进行。阴雨天由于树根吸收水分慢,不但养分不易吸收,肥分也易被雨水冲失,造成浪费。在天气干旱时最好采用湿施法,即把肥料兑水成液肥,均匀施于苗圃地上。湿度适中时可采用干施法,即把肥料沟施,沟施深度应在根系的分布层,以利苗木对肥料的吸收

#地施肥。 不同土质所含营养元素的种类和数量不同,因此施用的肥料也不同。在石灰性土壤或强酸性苗圃土壤上,都易发生缺磷情况,要注意增施磷肥,并加大用磷肥数量。一般土壤以氮肥为主,如果氮素充分的土壤,就应加大使用磷、钾肥的比例。土壤质地不同,营养条件和保肥能力也有差别,因而施肥方法也不同。土壤保肥能力好,追肥每次用量可多些,次数可少一些;土壤保肥力差的沙壤苗圃,追肥次数宜多,而每次用量宜少。

#苗施用。 苗木生长一般分为出苗期、幼苗期、速生期和硬化期四个阶段。出苗期的苗木幼苗不能自行制造养分,其营养来源主要靠种子内贮存的营养物质,不需施用过多肥料。幼苗期是指幼苗地上部分出现真叶、地下部生出侧根,到幼苗高生长量大幅上升为止,这时对氮和磷比较敏感,应注意增施。速生期是苗木生长最旺盛时期,地上部和地下部同时生长,对养料的需求量增大,应增加氮肥用量及次数,并按比例施用磷钾肥。在生长后期为促进苗木硬化,提高抗性,应适时停施氮肥,到了硬化期要防止徒长,停止施用肥料,以提高苗木抗性。一般一年生播种苗在生长初期需氮、磷肥较多,以促进幼根生长发育,在速生期需大量的氮磷钾及其他元素,在生长后期以钾为主,磷为辅,以促进幼茎木质化。对已成苗的大规格苗木,根系强大、分布较远、施肥宜深,范围宜大,如油松、银杏、合欢、臭椿等;根系浅的大苗木施肥宜浅,范围宜小,如法桐、紫穗槐及花灌木等。另外,针叶树种比阔叶树种需氮要多,而需磷较少。

#根外追肥。 根外追肥是在苗木生长期将速效肥料溶液直接喷洒苗木叶子上,让肥料溶液渗入叶内合成苗木需要的营养物质。一般幼叶较老叶、叶背较叶面吸水快,吸收率也高,所以喷施时一定要注意喷到叶背和幼叶上,有利于吸收。最好选用压力较大的喷雾器喷洒,并严格掌握浓度,尿素液浓度为0.2%~0.5%,过磷酸钙浓度在0.3%左右为宜。喷洒时间以阴天或晴天上午10时前、下午4时后为宜,以防高温时液肥浓缩,引起肥害。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください