ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

十二卷砍头(发根篇)

后果的大树
2017年05月27日
出于一些原因,花友们有时候需要给自己的十二卷砍头,但是会遇到一个问题,就是砍头苗发根的问题,本文是花友总结的有关#十二卷 生根的心得体会,非常有参考价值。

我们就先从头把整个过程理一下,整个过程分为三部分:休眠期、愈伤期、发根期。



  
一、砍头后0-3天(休眠期)

植物被砍头(下叶)后,自身免疫机制会迅速反应,伤口周围的细胞会迅速休眠,最大程度上降低新陈代谢。

这样做的好处是:一方面减少被破坏的组织流失过多体内的水分,另一方面降低细胞活性防止细菌侵入。这个时候,伤口周围的细胞还残留有较高的水分,细胞活性非常低,也很脆弱,这个时候无论你对它做什么,它都不可能发根,反之,如果给予太过潮湿的环境,反而容易造成细菌滋生,植物腐烂。

此时应该保持植株伤口的干燥,最好丢在通风阴凉的地方,等待伤口水分的蒸发。

  
二、砍头后3-20天(愈伤期)

如果温度合适,那么在稳定的环境中度过五天的休眠期后,伤口周围的细胞开始分裂出新的细胞,愈伤组织开始覆盖伤口。

什么是愈伤组织呢?这里引用一下度娘上的科普:

愈伤组织(callus)原指植物体的局部受到创伤刺激后,在伤口表面新生的组织。它由活的薄壁细胞组成,可起源于植物体任何器官内各种组织的活细胞。

在这个过程中,愈伤组织不断分裂出新的细胞,但是这些新组织就像一张白纸一样,此时并不知道自己应该充当什么角色。所以在愈伤期结束之前,植物也并不会有什么明显的变化,这个时候最好还是把植株放在通风阴凉的地方,可给予少许光照。


  
三、砍头后20-45天(生根期)

随着时间推移,植株内部水分不断被消耗,生长激素的浓度也就随之升高,当浓度达到一定的比例后,愈伤组织就像接受到了信号一样开始作出反应了,这个时候伤口周围细胞活性最高的地方会开始出现小的凸起,也就是根点,根点的末端细胞活性最高,对水份非常敏感,一旦接触到潮湿的介质(或者潮湿的空气)就会开始大量分裂生长。

0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください