ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

茄果类(番茄、茄子、辣椒)蔬菜种子种植前的处理方法

丫头
2017年05月26日
一、#蔬菜种子 消毒

1.温汤浸种:先用少量凉水将种子浸没,再倒入热水,用棒状温度计测温度,使水温达到55℃,向一个方向搅拌,当水温降到30℃停止搅拌。茄子种子浸泡8-12小时,番茄种子浸泡6-8小时,辣椒种子浸泡8-10小时。浸泡完毕,茄子、辣椒种子用细沙搓掉种皮上的黏液,用清水把种子分离出来,再淘洗干净即可催芽。番茄种子有茸毛,出水后需要把水攥出,摊开晾一下再催芽。

2.药剂浸种:茄果类蔬菜种子浸泡到一定浓度的药液中,经过一定的时间用清水洗净药液,再进行浸种催芽。药液的用量为种子的2倍。

番茄种子

①用40%福尔马林100倍液和10%磷酸三钠溶液,先用清水预浸3-4小时,然后再将湿种子放入药液中浸泡15-20分钟,取出后用湿布包裹放入盆钵内密封2-3小时,然后再用清水洗净,即可进行催芽。福尔马林消毒可防治番茄早疫病,磷酸三钠防治病毒病。

②将种子用200倍液的稀盐酸浸泡3小时,能消灭番茄烟草花叶病毒。

③将种子用40℃的温水浸泡3-4小时,移入0.1%的高锰酸钾溶液中浸泡30分钟,取出后用清水洗干净,可减轻番茄溃疡病和花叶病。

  
茄子种子

① 用1%高锰酸钾溶液浸泡30分钟,捞出反复淘洗后再进行温汤浸种,可消除种子表面附着的病原菌。

②用有效成分0.1%的多菌灵 溶液浸泡1小时,洗净后再进行浸种催芽,对防治黄萎病有较好的效果。

③用40%的福尔马林溶液浸种15分钟后捞出,用清水冲洗干净,可防茄子褐纹病和黄萎病。

  
辣椒种子

①用10%硫酸铜溶液浸种,有防治炭疽病和细菌性叶斑病效果。方法是先用清水浸4-5小时,再用药水浸种5分钟,洗净后催芽。

②用浓度为0.2%-0.4%的硫酸锌溶液,在20℃-25℃条件下浸种12小时,可抑制辣椒病毒病的发生。

③用冷水浸3-4小时后移入50%的多菌灵500倍液中浸1小时,用清水洗净,可杀死或纯化辣椒病毒。

  
二、浸种催芽

1.浸种。

在催芽前用20℃-30℃的清水浸泡种子,使种子吸足水分,加快出芽速度。浸种时间长短因种子成熟度和水温而有差异。越是充分成熟的种子,浸种的时间越长,水温低需时间也较长。一般番茄种子需浸种5-6小时,辣椒种子需浸种6-8小时,茄子种子需浸种10-12小时。

2.催芽。

茄果类蔬菜种子发芽需要满足所需温度、水分和氧气,对光照属于好暗性,应放在背光处进行。在水分适宜、透气性良好、25℃-30℃不见光的条件下发芽最快。把浸完的种子用湿纱布或湿毛巾包起来,放在大碗或小盆中,每天用25℃-30℃水洗1-2遍。番茄种子最好掺入种子体积3倍的细沙,放入水盆中,每天翻动1-2次,细沙干时补充水分。茄子种子需要变温,每天30℃8小时、20℃16小时交替进行,出芽整齐。一般情况下,番茄2-3天、茄子和辣椒5-6天即可出芽。
5
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
2017年05月26日
0
0
2017年05月25日
2
0
2017年05月25日
2
0
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください