ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

鹅黄豆生

Miss Chen
2017年06月23日
闽南人管豆芽叫“鹅黄豆生”,很耽美,有色彩和音乐在里面。一个“生”字,有呼之欲出感,让人想起初春刚爆芽的柳,刚出壳的小鸡小鸭小鹅,或古装戏里扎着总角的童子。豆蔻年华,似乎也相宜。

除了豆生,豆芽还有许多名字。老早看过一篇文,不知是哪个写的,记录了吃豆芽趣事——“我”天天在家吃黄豆芽,奢侈一回下馆子,点个“王子帽”,结果上来一盘黄豆芽!再换一家,点“睡美人”,还是黄豆芽;“一盘春”、“万点金”、“如意菜”……哎呀呀,全是黄豆芽!“我”为什么总遇见黄豆芽?还不是因为黄豆芽最便宜。

豆芽差不多是最草根的菜,所有人都吃得起。我小时候的冬天,家里除了萝卜白菜,还有豆芽,自家生的。三星灶上放个瓦盆,瓦盆里装半盆豆子,瓦盆的底侧有个小孔,孔上插根麦茬秆,过几小时往瓦盆里淋一次水,多余的水从麦茬秆里流出来,流到下面的盆子里。这样过个三五天,豆芽就成了。冬天里挖一勺猪油,炖一锅豆腐豆芽,鲜得很。
在我的家乡,黄豆芽除了炖着吃,比较流行的吃法,还有黄豆芽蒸卤面。面条蒸成半熟。黄豆芽炒了,和面条拌在一起,再上笼蒸十来分钟就成了。黄豆芽的鲜气,通过蒸汽窜进面条里,使面条又筋又香。我母亲做的黄豆芽卤面最好吃,我远赴江城上学,写信说好想吃一碗黄豆芽卤面,回家后才知早被传为笑谈。

黄豆芽与笋、菌菇向来并列素食鲜味三霸,出家人调鲜,最常用的方法是黄豆芽。川菜里,不管是毛血旺,还是水煮鱼、水煮肉,都喜欢在下面铺一层黄豆芽。那黄豆芽除了吊鲜,还因为吸饱了汤汁,变得麻辣鲜香,比肉还好吃三分。
南宋人林洪,在他的《山家清供》里,写了豆芽的制法:“以水浸黑豆,曝之及芽,以糠秕置盆中,铺沙植豆,用板压。及长,则复以桶,晓则晒之……越三日出之,洗,焯以油、盐、苦酒、香料可为茹,卷以麻饼尤佳。色浅黄,名鹅黄豆生。” 林洪是闽南人,说明闽南那时候已经吃上了豆芽,且把豆芽叫做“鹅黄豆生”了。

大航海时期,西方的无数水手死于坏血病,而中国水手极少。原来中国人带着豆出海,随时生豆芽。欧美人18世纪才吃上豆芽,华人带去的,曾掀起过一阵“豆芽热”,将豆芽列为“健康食物”。

豆芽真应该是最放心的健康菜。诗赞:“有彼物兮,冰肌玉质。”《闲情偶记》里说:“蔬食之最净者,曰笋,曰蕈,曰豆芽。”笋生于竹,蕈生于林,豆芽生于水,这三种东西,自然是最干净的。

除了干净,豆子发芽,还惊心动魄。汪曾祺写过一篇文,说有人种豆,剩下一把,塞于石头下面。过些日子,豆子发芽,把石头顶起来了。那人非常惊奇,惊奇了好多年,逢人便讲。有人问:“你是为了说明什么哲学?” 他说:“不,我只想说说我的惊奇。”

我觉得汪老这篇文,才最应该叫做《鹅黄豆生》。看,一群豆子在生长,不仅营养丰富,而且诗意、鲜美、干净、有力量。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
2017年06月23日
0
0
2017年06月23日
0
0
2017年06月23日
0
0
02月24日
0
0
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください