ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

ミカン類の特徴と種類

玲儿
2017年07月13日
ミカン類の基本情報
学名:Citrus unshiu(ウンシュウミカン)、C.reticulate(ポンカン)、C.kinokuni(キシュウミカン)
和名:ミカン(蜜柑)  その他の名前:温州みかん、紀州みかん、ポンカン、クネンボ(九年母)、タチバナ(橘)、コウジ(柑子)
科名 / 属名:ミカン科 / ミカン属
特徴
ミカン類は柑橘類のなかでは最もポピュラーな種類です。育てやすく、実つきがよく、また食べやすいので、スペースがあれば育てたい果樹です。近年は極早生品種も登場しています。極早生品種は、早く収穫するので木の負担が軽く、毎年よくなります。なお、ミカン類にはウンシュウミカンのほかに、キシュウミカン(いわゆるコミカン)、ポンカン、クネンボ(九年母)、タチバナ(橘)、コウジ(柑子)などがあります。なお、諸外国にもクレメンテインやタンジェリンなど多数のミカンの仲間があります。

種類(原種、園芸品種)
ウンシュウミカン‘日南1号’
極早生品種で、熟期は9月下旬。早く収穫すれば、毎年よくなる。
ウンシュウミカン‘由良早生’
極早生品種で、熟期は10月上旬、品質がよいことで知られている。

ウンシュウミカン‘宮川早生’
早生品種で、熟期は10月下旬。品質もよい。最もポピュラーな品種。
ウンシュウミカン‘興津早生’
早生品種で、‘宮川早生’より着色は1週間くらい早い。果形は扁平で、味はやや濃厚。

ウンシュウミカン‘石地’
中生品種で、11月中・下旬に成熟する。浮き皮になりにくく、完熟するまで樹上に置けるため、非常に食味がよい。
ウンシュウミカン‘青島温州’
品質のよい晩生品種。12月に収穫して貯蔵。大果になりやすく、摘果や剪定に工夫が必要。
ポンカン‘太田ポンカン’
ポンカンのなかでは大果で、品質優良。

0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
2017年07月11日
0
0
2017年07月11日
0
0
2017年07月11日
0
0
2017年07月14日
0
0
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください