ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

トリトマ

玲儿
2017年08月22日
トリトマの基本情報
学名:Kniphofia
和名:シャグマユリ(赤熊百合)  その他の名前:クニフォフィア、トーチリリー
科名 / 属名:ツルボラン科 / シャグマユリ属(クニフォフィア属)
特徴
トリトマの名前で親しまれていますが、トリトマは旧属名で、現在ではクニフォフィア(シャグマユリ)属に分類されています。ボーダーガーデンの後方に植えるとアクセントになる常緑の宿根草で、何本も伸びる花茎の先にオレンジ色の花穂をつけた姿が雄大です。下向きに咲く筒状の花の色が咲き進むにつれて変化する姿を燃えるたいまつ(トーチ)に見立て、トーチリリーの英名があります。
野生種の多くは南アフリカの高地に自生しています。日本で多く栽培されているのはヒメトリトマ(Kniphofia rufa)で、花は蕾のときはオレンジ色で、開花すると黄色に変化します。
※科名:ユリ科で分類される場合もあります。

種類(原種、園芸品種)
オオトリトマ
Kniphofia uvaria
南アフリカ、ケープ地方原産の大型種で、多くの園芸品種を生んだ。肉厚でシャープな葉を株元から出し、その間から80〜120cmの花茎を伸ばす。開花期は6月から10月で、花穂の長さは15〜20cm。蕾のときは深紅色で咲き進むにつれて黄色になる。

ヒメトリトマ
Kniphofia rufa
南アフリカ、ナタール地方原産の小型種。オオトリトマよりも多く栽培されている。全体的に小柄で、葉が少なく、60〜80cmの花茎を伸ばす。開花期は5月から11月。蕾のときはオレンジ色で、開花すると黄色になる。多くの園芸品種がある。

育て方のポイント
栽培環境・日当たり・置き場
日当たりと水はけのよい場所で育てます。
水やり
庭植えの場合は根が活着したらほとんど不要ですが、鉢植えの場合は鉢土が乾いたらたっぷりと水やりします。
肥料
植えつけ、植え替えの際には、元肥として緩効性化成肥料を規定量、用土に混合します。庭植えの株には、春と秋に株のまわりに化成肥料をまきます。鉢植えの株には、開花中、定期的に緩効性化成肥料を置き肥するか液体肥料を施します。
病気と害虫
特に問題となる病害虫はありません。
用土(鉢植え)
水はけと通気性に富み、適度な保水性のある土が適しています。例えば、市販の草花用培養土を使用するか、赤玉土6、腐葉土(または堆肥)4の割合で配合した用土がよいでしょう。

植えつけ、 植え替え
鉢植えで株がいっぱいにふえたら、春または秋に株分けをして植え替えを行います。
庭植えはできるかぎり据え置きしますが、株が混み合いすぎてきたら、株分けして植え替えます。腐葉土や堆肥、苦土石灰などを加えて耕し、大株になるので株間を60cmくらいとって植えつけます。
ふやし方
株分け:早春に、3~5芽つけて株分けをします。秋も株分けができますが、寒くなるまでに根がよく張るよう、9月上旬から10月上旬に済ませます。
主な作業
花がら摘み:花穂が先端まで咲ききったら、花茎のつけ根から切り取ります。夏は次々に花が上がってくるので、早めに切り取りましょう。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください