ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

ナンバンギセルの基本情報

玲儿
2017年08月22日
学名:Aeginetia indica
和名:ナンバンギセル  その他の名前:オモイグサ
科名 / 属名:ハマウツボ科 / ナンバンギセル属
特徴
ナンバンギセルは、古くは『万葉集』にも登場する一年草の寄生植物です。日本の野外では主にススキに寄生しますが、ほかのイネ科の植物やミョウガやギボウシ、ユッカなどにも寄生し、陸稲やサトウキビの栽培地帯では大害草として嫌われます。
草姿は喫煙具のパイプを立てたような形をしています。萼の先端は鋭くとがり、花は長さ2~3cmで赤紫色、先端はあまり開きません。日本に生えるものは茎が赤茶色か、薄黄色の地に赤茶色の細かな縞状の模様が入ります。茎が黄色で真っ白な花が咲く白花や、茎は黄色で花弁の先端部分のみが赤紫色を帯びる口紅咲きもあります。
変種のヒメナンバンギセル(Aeginetia indica var. sekimotoana)はやや小型で花の先端が青紫色を帯びます。北関東だけに分布し、スゲの仲間のクロヒナスゲにのみ寄生します。

種類(原種、園芸品種)
オオナンバンギセル
Aeginetia sinensis
山地のイネ科植物(カリヤス、ヒメノガリヤスなど)やスゲに寄生する一年草。ナンバンギセルに似るが、茎は象牙色で、萼の先端がとがらない。花はより大きく、先端がピンクで筒の部分が白、よく開き、縁には細かなぎざぎざがある。
育て方のポイント
栽培環境・日当たり・置き場
寄生する植物(宿主)の生育に適した場所であればどこでも育ちます。ススキを宿主とする場合は日なたに置いて育てます。
水やり
宿主に合わせて行います。ススキを宿主とする場合は表土が乾いたら与えます。
肥料
宿主に合わせて施します。ススキを宿主とする場合は、葉色が悪くなければ施す必要はありません。

病気と害虫
特にありません。
用土(鉢植え)
宿主に合わせて用います。ススキを宿主とする場合は、花壇用の草花用培養土で問題ありません。
植えつけ、 植え替え
植え替えの必要はありませんが、宿主が弱りすぎないよう、宿主に合わせて行います。
ふやし方
タネまき:3月に表土をはいで宿主の根をむき出しにし、その上に粉のようなタネをまきます。まき終わったら表土を戻し、底から水を吸わせて定着させます。

主な作業
採種:花後に実ったタネは果実ごと採集して、冷蔵庫に入れて春まで保管します。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください