ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

菌核病(きんかくびょう)

玲儿
2017年09月12日
菌核病(きんかくびょう)
初期症状

初期症状
水がしみたようになり、軟らかく腐る。
進行したとき
発病部分は枯れ、そこに白いカビや、ネズミのふんに似た黒い塊(菌核)を生じる。



菌核病(きんかくびょう)とは?
 菌核病は、主に野菜や草花の茎や葉などに発生します。初めは水がしみたようになり、そこが軟らかく腐ります。栽培環境が多湿だと、その部分は早く広がります。
 腐った部分はやがて乾いて枯れ、そこに白いカビが生え、ネズミのふんに似た黒い塊ができます。黒い塊は菌核と呼ばれ、地面に落ちて土壌中で長く生存し、病気の発生源になります。土壌中の菌核から小さなキノコが生え、そこにできた胞子が飛び散って植物についたり、菌核から生じた菌糸が植物についたりして発病します。

▼茎や葉などが枯れる
 発病した部分の茎や葉などは枯れます。茎に発病した場合は、そこから上部が枯れるので被害が大きくなります。特に地際部に近い茎に発病すると、地上部全体が枯れたり、根まで病気が拡大したりします。果実や根だけが発病することもあります。
 そのため、植物は生育が悪くなり、野菜では品質が低下して収穫量が減ります。また、草花では観賞価値も下がります。

▼発病地は数年後でも発病のおそれ
 気温が比較的低い春や秋に、降雨が続くと発生しやすくなります。鉢植えでは発生しにくく、何年にもわたって栽培を続けてきた畑などで発生します。病気の発生源である菌核は、土壌中で数年間生存するとされます。そのため、一度発病した場所では、数年後の栽培でも病気が発生する可能性があります。
▼発病地は数年間栽培を避ける
 防除するには、植えつけの間隔をあけたり、植物を間引いたりして、風通しをよくします。発病した部分は菌核ができる前に摘除し、ゴミなどとして処分します。一度発病した場所では、発病した植物と同じ種類の栽培を数年間避けます。

 適用のある薬剤がある植物で、薬剤で防除する場合には、発病初期から薬液を散布します。
※薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
2017年09月12日
0
0
2017年09月12日
0
0
2017年09月12日
0
0
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください