ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

ヨトウムシ(ヨトウガ)

玲儿
2017年09月12日
ヨトウムシ(ヨトウガ)
初期症状
葉裏をかすり状に、さらには網目状に食害する。
進行したとき
幼虫が多発すると、植物は丸坊主にされて、生育が悪くなる。
ヨトウムシ(ヨトウガ)とは?
 ヨトウムシ(ヨトウガ)は、幼虫が野菜、草花、果樹など広範囲の植物に寄生し、葉、茎、花や蕾、果実などを食害します。成虫は灰褐色のガで、葉裏に茶色の卵塊(らんかい)を産みつけます。ふ化した幼虫は周辺の葉などを食べて成長し、老熟すると土中で蛹(さなぎ)になり、やがて成虫になります。
▼どんな被害が起こる?
 ふ化した幼虫は集団で、最初は近くの葉裏をかすり状に、やがて葉を網目状に食べ進みます。成長した幼虫は周辺に散らばり、葉、花、茎などを食べます。
 老熟した幼虫は、昼間は植物の根元近くの地中などに潜み、夜は地上に出て植物を食い荒らします。そのため、幼虫が多発すると、植物は丸坊主にされたりして生育が悪くなるうえ、草花では観賞価値も損なわれます。

▼よく見るヨトウムシ類
 ヨトウガと近い仲間には、ハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウなどがいます。これらの形態や性質はヨトウガと似ていますが、卵塊が灰褐色の鱗毛(りんもう)で覆われています。また、ヨトウガの発生が春と秋に多いのに対し、これらは夏から秋に多く発生します。

▼一般的な防除の方法
 殺虫剤を使用せずに防除するには、葉裏の卵や幼虫の食害痕を早期に発見し、卵や幼虫を見つけしだい、葉ごと取り除いて捕殺するなどの処置をします。また、食害痕とふんがあるのに虫がいない場合は、幼虫が植物の根元付近の地中や物陰に潜んでいるので、場所の見当をつけて棒などで探し出して処分します。
一方、適用のある薬剤がある植物であれば、殺虫剤による防除も有効です。その場合、幼虫は成長するにしたがい殺虫剤抵抗性が強まり、防除効果が低下するので、幼虫が小さく集団でいるうちに散布することがきわめて大切です。
※薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
2017年09月12日
0
0
2017年09月12日
0
0
2017年09月12日
0
0
2017年09月12日
0
0
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください