ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

リコリス(ヒガンバナの仲間)の特徴と種類

玲儿
2017年09月21日
リコリス(ヒガンバナの仲間)の基本情報
学名:Lycoris
その他の名前:ヒガンバナ(彼岸花)、マンジュシャゲ(曼珠沙華)など
科名 / 属名:ヒガンバナ科 / ヒガンバナ属(リコリス属)
特徴
リコリス属の仲間には、秋の彼岸のころになると、あぜ道などに群生して咲くヒガンバナ(マンジュシャゲ Lycoris radiata)がありますが、リコリス属は種類が多く、早い種類は7月から、遅い種類では10月から開花します。多くは日本や中国に広く分布していて、日本には帰化した種も含めて、シロバナマンジュシャゲ(L. albiflora)、キツネノカミソリ(L. sanguinea)、ナツズイセン(L. squamigera)、ショウキラン(L. aurea)などが自生または栽培されています。いずれも開花期間は1週間ほどと短いです。出葉時期は種によって異なり、早春に出葉するもの(キツネノカミソリ、ナツズイセン、インカルナータなど)と秋に出葉するもの(ヒガンバナ、シロバナマンジュシャゲ、ショウキランなど)がありますが、いずれも初夏になると葉はすべて枯れます。


従来、ヒガンバナは日本ではあまりよいイメージがなかったため、生産は多くありませんでした。しかし、欧米でのリコリスに対する人気の高まりとともに、その価値が見直されてきました。花色は赤、白、黄、オレンジ、ピンク、紫と豊富で、光沢のある花弁が美しく、園芸品種も多くつくられています。
種類(原種、園芸品種)
シロバナマンジュシャゲ
Lycoris albiflora
白花で、性質はヒガンバナによく似ている。9月上旬に開花し、花後に出葉する。ヒガンバナとショウキランとの交雑種と考えられており、変異が多く、花色(白、クリーム色、薄いピンクなど)や花形、葉色の異なるタイプがある。
キツネノカミソリ
Lycoris sanguinea
日本原産。7月中・下旬に開花し、春に出葉する。花弁があまり反らず、斜め上を向いて咲く。
ナツズイセン
Lycoris squamigera
中国雲南省原産。青みのある花弁が珍しく、美しい。9月上旬に開花し、春に出葉する。
ショウキラン
Lycoris aurea
日本南部から中国原産。鮮やかな黄色の花を1茎に5〜10輪つけ、10月上・中旬に開花する。花および茎、葉ともに大きく、豪華な印象。耐寒性は弱い。
ヒガンバナ
Lycoris radiata
最もなじみのあるリコリス。日本、中国原産。9月中旬に40cmほどの茎に赤い花を咲かせる。
リコリス・インカルナータ
Lycoris incarnata
中国原産。薄いピンク色の花弁に桃紫色の筋が入り、8月上・中旬に開花する。首の長い球根を有し、鉢植えのときは球根の頂部を地表面からやや出して植えつけるとよい。
0
0
ドライ
红色彼岸の「いいね」
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください