ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

ビャクシンの仲間の特徴と種類

玲儿
2017年09月24日
ビャクシンの仲間の基本情報
学名:Juniperus
和名:ビャクシン  その他の名前:ジュニペルス
科名 / 属名:ヒノキ科 / ネズミサシ属(ビャクシン属)
特徴
ビャクシン属は主に北半球の広範囲に50種ほどが分布し、日本にはイブキ、ミヤマネズ、ハイネズ、ハイビャクシン、ネズ、シマムロなどが自生しています。多くの種があるため性質もさまざまです。樹形は狭円錐形やほふく性、枝を水平から斜め上方に伸ばす杯状形などがあります。葉色のバリエーションも豊富で、植栽プランを考えるうえで価値の高いコニファーです。
種類(原種、園芸品種)
カイヅカイブキ
Juniperus chinensis ‘Kaizuka’
枝は幹を中心にらせん状に上方に伸びていく。生け垣や人工樹形の仕立てものとして、日本で最も多く植栽されているビャクシン属の園芸品種。

ハイネズ(ジュニペルス)‘ブルー・パシフィック’
Juniperus conferta ‘Blue Pacific’
ほふく性の樹形でグラウンドカバーに利用される。潮風に強いため海岸近くでも利用される。

コロラドビャクシン(ジュニペルス)‘ブルー・へブン’
Juniperus scopulorum ‘Blue Heaven’
自然樹形でも狭円錐形に整い、青みがかった葉色が美しい品種。刈り込みにも耐えるので生け垣にも利用できる。

ハイビャクシン
Juniperus procumbens(J. chinensis var. procumbens)
対馬、壱岐、沖島にも分布する匍匐性の常緑低木。枝を四方に伸ばすため、グラウンドカバーによく利用される。イブキの変種とする説もある。

0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください