ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

ハエマンサスの特徴と種類

玲儿
2017年09月28日
ハエマンサスの基本情報
学名:Haemanthus
科名 / 属名:ヒガンバナ科 / マユハケオモト属(ハエマンサス属)
特徴
熱帯アフリカから南アフリカにかけて約60種が分布する球根植物です。マユハケオモト(Haemanthus albiflos)に代表される冬生育(夏休眠)タイプと、ムルティフロルス(H. multiflorus)に代表される夏生育(冬休眠)タイプに大別されます。冬生育タイプは、葉が分厚く、無毛で、夏に葉をつけたまま、または落葉して休眠し、9月下旬から11月上旬に開花します。夏生育タイプは、ギボウシのような薄い葉をもち、6月上旬から8月下旬に開花し、冬に葉をつけたまま、または葉を落として休眠します。いずれのタイプも、葉が出ている期間を長く保つことが、球根を肥大させ、大きな花房を咲かせるコツです。真夏以外はよく日に当て、肥料をしっかり施して管理しましょう。
種類(原種、園芸品種)
ハエマンサス・ムルティフロルス
Haemanthus multiflorus
6月から8月ごろ、高さ30〜40cmの花茎の先端に花が球状に集まり、巨大な赤い線香花火のように咲かせる。その様子から「線香花火」「フットボールリリー」の名前で親しまれる。葉は花と同時に現れ、花後に葉が展開し、冬に落葉して休眠する。葉は50cmくらいに伸び、大きく育つので、この期間に肥培管理すると球根が大きくなる。
マユハケオモト
Haemanthus albilflos
比較的寒さに強く、丈夫で育てやすい。よく分球する。9月下旬から11月上旬ごろ、長さ10〜20cmの太い花茎を伸ばし、その先端に花が集まり、径7cmほどの白い刷毛のように咲く。常緑だが、夏は休眠する。

アカバナマユハケオモト
Haemanthus coccineus
南アフリカ・ケープ南西部に自生。9月ごろ、高さ30cmほどの太い花茎を伸ばし、その先端に赤い花が集まり、径5〜10cmほどに咲く。分厚い葉は花後に展開し、夏は落葉して休眠する。

0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください