ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

ヒアシンソイデスの特徴と種類

玲儿
2017年09月28日
ヒアシンソイデスの基本情報
学名:Hyacinthoides(Scilla、Endymion)
和名:ツリガネズイセン(釣鐘水仙)  その他の名前:ブルーベル、シラー・カンパニュラータ
科名 / 属名:キジカクシ科 / ツリガネズイセン属(ヒアシンソイデス属)
特徴
ヒアシンソイデス属は、ヒアシンス(Hyacinthus)やシラー(Scilla)に近い仲間で、7種があり、以前はシラー属に分類されていました。このうち、ヒアシンソイデス・ヒスパニカ(H. hispanica)とヒアシンソイデス・ノンスクリプタ(H. non-scripta)の2種が主に栽培されています。いずれもいくつかの園芸品種があり、両者の交配によって育成されたものもあります。

ヒスパニカ種は「スパニッシュ・ブルーベル」または「シラー・カンパニュラータ」の名前で流通することも多く、やや細長い釣り鐘形の花が穂になって10輪くらい咲き、品種によっては20輪くらいつくこともあります。ムスカリの花が終わるころ、入れ代わるように咲き始め、群生させると一面に咲いてブルーのカーペットのようになります。ノンスクリプタ種は「イングリッシュ・ブルーベル」とも呼ばれ、花穂は細身で、花茎の上部が曲がって枝垂れるように咲き、花は片方向に寄っています。球根は直径2~3cmくらい、球状から棒状までやや不定形で、皮がないので白くつるっとした感じです。
「シラー・カンパニュラータ」の名前で、色別、または青、ピンク、白の混合の球根が販売されることが多く、品種がはっきりしたものを入手するには、通信販売などを利用します。
※科名:ヒアシンス科、ユリ科で分類される場合もあります。

種類(原種、園芸品種)
ヒアシンソイデス・ヒスパニカ‘アルバ’
Hyacinthoides hispanica ‘Alba’
白花。
ヒアシンソイデス・ヒスパニカ‘ロゼア’
Hyacinthoides hispanica ‘Rosea’
花色はピンク。
ヒアシンソイデス・ノンスクリプタ‘アルバ’
Hyacinthoides non-scripta ‘Alba’
白花。

ヒアシンソイデス・ノンスクリプタ‘ロゼア’
Hyacinthoides non-scripta ‘Rosea’
花色はピンク。
‘デインティ・メイド’
Hyacinthoides ‘Dainty Maid’
全体にやや大型で、濃桃色で花数が多い。
‘エクセルシア’
Hyacinthoides ‘Excelsior’
やや大型種で、濃い青紫色の花が咲く。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください