ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語

ヒアシンソイデスの育て方・栽培方法

玲儿
2017年09月28日
ヒアシンソイデスの育て方・栽培方法
育て方のポイント
栽培環境・日当たり・置き場
水はけのよい場所であればあまり場所を選ばず、日当たりから半日陰まで、また、寒地から暖地まで幅広く栽培できます。地上部があるのは4月から6月の3か月くらいなので、夏の間はほかの草花で覆われる場所でも大丈夫です。落葉樹の下などでは自然にふえて群落になります。
鉢植えの場合は、細かく分球してしだいに花が咲かなくなるので、なるべく大きな鉢に植えるとよいでしょう。

水やり
庭植えではほとんど必要ありません。鉢植えでは、秋から春まで用土が乾いたらたっぷりと与えます。
肥料
庭植えではほとんど必要ありません。鉢植えでは、晩秋、早春、開花後にそれぞれ置き肥を施しておきます。
病気と害虫
病気:白絹病など
水はけが悪いと、白絹病などの土壌病害の被害を受けることがあります。
害虫:ほとんどありません。

用土(鉢植え)
一般の草花用培養土が利用できます。赤玉土7、腐葉土3配合土も使えます。
植えつけ、 植え替え
植えつけ:秋に球根を植えつけます。土に腐葉土などの腐植質を混ぜておき、石灰分を少量入れておくと、生育もよくなり、病気の予防にもなります。株間は球根3個分の間隔で、深さも3個分くらいとします。鉢植えでは、5号鉢なら5球植えくらいが目安です。
植え替え:庭では、数年植えっぱなしでかまいません。鉢植えは、毎年植え替えを行います。休眠中に掘り上げて、大きな球根だけを選んで植えつけます。

ふやし方
分球:自然分球でよくふえます。こぼれダネでもふえるほどで、品種の確かな株を維持するには、花がらを摘んでタネをつけないようにしておきます。
主な作業
花がら摘み:ほとんど放任でよく、手がかかりません。ただし、花がらは切り取ったほうがすっきりと見栄えがよくなります。
0
0
ドライ
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください