ダイナミック
ドライ
百科事典
ガーデン
セット
日本語
  

杜鹃小苗移栽后顶芽倒伏怎么办

Miss Chen
2018年09月10日
古有杜鹃鸟,日夜哀鸣而咯血,染红遍山的花朵,因而有杜鹃花的美名。现今,杜鹃花被广泛栽种,是良好的盆景材料,深绿色的叶片也适合栽种在庭院作为矮墙的屏障。

杜鹃常常采用扦插的方式来繁育小苗,然后再移栽上盆。不过,移栽的话一般带土进行,因为杜鹃的根系非常细小,带土移栽才能提高成活率。

杜鹃小苗移栽后顶芽倒伏怎么办

当然,杜鹃小苗的移栽还需要在合适的季节进行,否则仍然可能影响成活的。一般情况下,杜鹃比较适合在春秋两季进行移栽上盆,因为这两个季节的气温与湿度都比较合适。夏冬两季往往因气温太高或太低而容易进入休眠状态,服盆比较困难,并不适合进行移栽。但即便是在春秋这样比较适宜的季节移栽小苗,杜鹃小苗仍然可能在移栽后出现顶芽倒伏的现象,那这怎么办呢?

杜鹃小苗移栽除了要在合适的季节带土移植之外,完成上盆后的管理工作也非常重要,尤其是光照与水分管理。杜鹃小苗在移栽之后出现顶芽倒伏的现象,一般情况下要么是由于直射光线太强,要么是由于湿度不够所致。因为无论是光线过强还是缺乏水分,往往都会因嫩芽没有及时得到充足的水分而出现萎蔫、倒伏的现象。所以,一般我们需要从这两个方面予以挽救。

一、光线过强

杜鹃小苗在移栽上盆之后,往往需要将其摆放在阴凉通风的地方缓苗,避免日光直射,及时给水保湿。毕竟杜鹃与其它许多树种相比,比较喜欢阴凉与湿润的生长环境,尤其是小苗服盆期间,更应该做好这些方面的管理工作。如果上盆后没有及时遮阴,稚嫩的顶芽会在比较强的长时间光照下出现脱水现象,而此时杜鹃小苗尚未完全服盆,根系无法及时输送水分,所以顶芽容易出现问题。

在将杜鹃小苗移栽上盆后,首先需要浇下足够的水,然后将其摆放在阴凉通风的室外环境中管理。其中尤其需要注意避免日光直射和施肥,毕竟缓苗期间不能脱水太多,而且即便追肥,根系也无法正常吸收,反而可能引起肥害,至少会浪费掉大部分肥料。所以,完成上盆后,摆放位置一定要选择好。

二、及时补水

虽然我们是在春秋两季进行的移栽上盆工作,气温与湿度往往比较适宜,但补水工作却不能忽视。在小苗叶子不停蒸发水分但根系无法正常供水的情况下,为了避免小苗脱水后出现顶芽倒伏的现象,我们需要多喷洒叶面水以保湿。喷洒叶面水一般在中午前后气温比较稳定的时候进行,保持每天喷2次水比较合适,这样就可以减少叶面蒸发水分。而浇水宜在盆土变干之后进行,但服盆期间浇水不能太多,毕竟其根系尚未完全恢复生长,而浇水太多的话反而容易引起积水现象。
  
以逐渐为其提供光照、增加浇水、适当喷水了。再过一段时间,待小苗生长稳定之后,我们就可以恢复正常的养护管理工作了。
6
0
ドライ
思晨の「いいね」
コメント
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート
* 画像のサイズは300*300px 以上にできません
いいえコメントは是非、ソファをつかむ、行われませんでした!
ちょうど今 応答
最新のドライ
ドライ推奨
関連ドライ品
フィードバックレポート

あなたが任意のコメントや提案を持っていますか、私たちに一言コメントをお願いします。

内容を入力してください
APP緑の指をダウンロード

QRコードをスキャンし、緑の指APPをダウンロードして、さらに携帯電話を読む

二次元コード

オープンAPPは、2次元コード、彼の家の直視を掃引します

スイッチ言語
セット
VIP
ログアウトする
シェア

良いテキストを共有し、緑の指(GFinger)園芸アシスタントがあなたの成長を目撃します。

コンピュータ端末操作に行ってください

コンピュータ端末操作に行ってください

転送されました
トピックを挿入
友達に思い出させる
リリース
/
提出済み 送信に失敗しました 最大画質 成功 ああ! 少し問題 転送が成功しました レポート 転送されました すべて表示します ドライ リコース 最新情報 ちょうど今 応答 話をするあなたが恥ずかしい招待! 表現 画像を追加 コメント .JPG .JPEG .PNG .GIFのみサポート 画像のサイズは300*300px 以上にできません 少なくとも1枚の写真をアップロードする 内容を入力してください